小清水小学校のホームページへようこそ!

小清水小学校 インフルエンザ速報

3月23日(水) の 小清水小学校のインフルエンザの欠席情報状況

5年 0人
4年 5人
3年 1人
2年 6人
1年 3人 合計 15人

今後、インフルエンザによる欠席が急激に増加する恐れがあります。
ご家庭でも手洗いうがい換気等の呼びかけをお願いします。


3年 そろばん

画像1 画像1 画像2 画像2
 算数の授業で、そろばんの使い方について勉強しました。初めてそろばんを使う子が多く、たまをはじく音に感動していました。1のたまと5のたまをはじくのでは、指の使い方が違うことを学びました。

3年 地域の人の思いについて考える

画像1 画像1 画像2 画像2
 社会の授業で、宮口神社や秋祭りについて勉強しました。宮口神社は地域の神社が集まり、100年前から建てられていることを学びました。「棒の手」は愛知県でしか行われていないことに驚いていました。

3年 歴史マスターから学ぶ

画像1 画像1 画像2 画像2
 社会の授業で古い道具と昔のくらしについて勉強しました。子どもたちは、古い道具を実際に見たり、触れたりしながら、道具の使い方について学びました。現在の道具との違いに驚いてました。

3年 豆腐作り

画像1 画像1 画像2 画像2
 総合の授業で豆腐作りをしました。なべの底が焦げないように木べらでまぜることに苦戦していました。豆腐作りの過程で、大豆がおからと豆乳に分けられ、豆腐ができることに驚いていました。お家でもぜひ作ってみてください。

1年生 年長さんに小清水小を紹介したよ

画像1 画像1 画像2 画像2
2月3日は入学説明会。子どもたちは今か今かと年長さんたちが来るのを楽しみに待っていました。小清水小を好きになってもらいたい、早く入学したいと思ってもらいたいという願いを持って、自分たちが経験してきたことを紹介しました。班ごとに、何度も練習をして迎えた本番。一人ひとりががんばって、小清水小のことを精いっぱい伝えました。年長さんたちも、一生懸命聞いていました。
 自由帳には、がんばったことが伝わる作文や絵がいっぱいでした。
 8日の学校公開日では、お家の方にも発表を見ていただきました。はりきって頑張る姿に拍手をして下さりありがとうございました。

今年度最後の図書館祭りが始まりました

2月5日から今年度最後の雪だるま図書館まつりが始まりました。最後の図書館まつりは「ブックウォーク」。自分で目標を設定し、達成を目指して読書をします。2回の図書館まつりと2回のウチ読を経て、1年の集大成の取り組みです。ご家庭でも、子どもたちの読書活動を励まして下さると嬉しいです。
また、学校公開日にはぜひ図書室前の多読賞の掲示をご覧ください。昨年よりもたくさんの子どもたちの名前が並んでいます。

夢の教室

画像1 画像1
夢先生に来ていただき、いっしょに体を動かしたり、将来の夢や目標に向かって取り組むことの大切さについて考えたりしました。支えてくれている人への感謝の気持ちやあきらめずに取り組むことの大切さを学びました。


地球環境講座

12月2日、地球環境講座を行いました。ゲストティーチャーに、「グリーングラスグロッツ」の理事の方をお招きし、地球環境を守ることの大切さについて考えました。
 4年生は、4月より地域の川「逢妻女川」に親しみ、逢妻女川のこれからについて考える学習を行ってきました。講師の光岡保之氏の講演を聞く前に、自分たちの活動について発表を行いました。講演では、ウズベキスタンでの植林活動・国際交流、緑が人間にとって大切なものであることについて写真とともに話していただきました。今回の地球環境講座を通して、逢妻女川を含めた学区の自然環境を守ることが、地球環境のために自分たちにできる第一歩であると感じることができました。


4年生の発表
・私たち4年生は、「マイリバー あいづまめがわ!」と題して、総合の時間に逢妻女川と ふれあう時間をもってきました。
・6月5日、逢妻女川に入って生き物を探したり、川べりの生き物を観察したり、スケッチしたりしました。
・はじめは入ることにとまどっていたけど、すぐに夢中になって遊びました。
・川では、アメンボ、ザリガニ、ドジョウなど、たくさんの生き物を見つけることができました。
・川べりでは生き物を見つけたり、シロツメクサで冠を作ったりして遊びました。
・逢妻女川では、予想以上の生き物を見つけることができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
・教室にもどって 見つけた生き物や 川で遊んだ思い出を まとめました。 
・逢妻女川を 自分たちの川として 身近に感じるようになりました。

・6月17日には、逢妻女川に春よりももっと親しむことができるよう、阿部夏丸先生をお迎えし、川との付き合い方を教えていただきました。
・アメンボやザリガニ、カラスやカエルなどウソのような本当の話や生き物の見つけ方、川遊びの仕方などを教えていただきました。
・また、夏丸先生のお話から、自然の生き物には絶対に人間の食べ物をあげてはいけない ということを学びました。
・そして、実際に教えていただいたように網を使い、巨大なオタマジャクシやメダカなどのたくさんの生き物をつかまえることができました。
・また、カエルのおなかをなでたり、ザリガニのオスとメスを確認したりしました。 
・夏丸先生に教えていただいたことを確かめて、生き物をよく観察することができました。
・たくさんの生き物をつかまえることができ、楽しく川遊びをすることができました。その後も、川に出かけ、新しい発見をした子たちがいました。
・この活動を通して、逢妻女川で遊ぶのは楽しいし、自分たちの川だから大切にしていき
たいと感じました。

・9月12日の小清水エコデーでは、川をきれいにするために、EM菌を流し、3回目の川遊びをしました。
・地域の人のおかげで、川岸の草が刈られ、階段が設置され、足洗い場もできていました。だから川に入りやすかったです。
・川には、魚のほかに、カエルもたくさんいました。6月にいっぱいいたオタマジャクシが、大人になったのかなあと思いました。
・地域の人がつかまえてくれた女川にすむ生き物を見せてもらいました。
・大きなコイもいて、体はつるつるで、大きな口に、手がすいこまれそうでした。
・女川にはこんなにたくさんの種類の生き物がいることがわかりました。
・学校に戻って女川の絵をかきました。これからこんな川になったらいいなあと思う、夢の絵をかきました。
・これからも、逢妻クリーン活動を続けて、きれいで、生き物がたくさんいる川であってほしいと思いました。

・これまでの3回の逢妻女川とのふれあいを通して、私たちの逢妻女川への思いが変わりました。
・ 川に入るまでは、川の横を通っても、「にごっていてきたない川だな。」としか思えませんでした。入りたいなんて思ったことはありませんでした。
・でも、今はちがいます。実際に川に入って、たくさんの生き物が生きていることがわかり、川に入るのが楽しくなりました。
・夏丸先生が、「川を守るのに一番いい方法は、川で遊ぶことだ。」と教えてくださいました。
・川で遊ぶことで、川底の岩や石、砂についた汚れがとれて流れていくからです。川で遊んだ次の日は、水がとても澄んでいました。
・これからまた、川に入る機会があれば入りたいと思います。
・これからも私たちの川、逢妻女川を守っていきたいと、強く思います。
・これで、4年生の発表を終わります。


児童の感想
・ウズベキスタンの村では、緑が全然ない。でも、ぼくたちは、女川があって、暮らしが豊かだと思った。そのことに感謝しています。
・逢妻女川だけでなく、周辺の緑も守らないと川が守れないと知りました。だから、女川だけでなく周辺の緑も大切にしようと思いました。
・木が酸素を作っていることを初めて知りました。わたしは、緑を増やしたいと思いました。

画像1 画像1 画像2 画像2

1年生 グランパスボールクリニック

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
11月25日に、1年生はグランパスから3人のコーチをお招きして、各クラス1時間、サッカー体験をしました。子どもたちはコーチの話を一生懸命聞いて、ボールを追いかけていました。経験者も、初めてサッカーをする子もいましたが、みんなが挑戦して楽しめるプログラムでした。自分が試合をしていないときも、友だちの応援をしていた子どもたち。あっという間の1時間でした。
その後の休み時間からは、少しお天気が悪くてもボールを持って外へ飛び出していく姿が見られます。自由帳の振り返りには、「サッカーがたのしいってはじめてしった」「もっと上手になりたい」「みんなでやりたい」という言葉がいっぱいつまっていました♪


届け!「未来へのステップ」

画像1 画像1 画像2 画像2
10月5日の朝の児童集会で、全校の前で合唱「未来へのステップ」を披露しました。4月からこつこつと練習を積み重ねてきた成果を出し切ろうと、全員が指揮者を見て心を込めて合唱しました。全校のみんなから、大きな拍手をもらい、山中先生より感動した点ととさらによくするためのアドバイスをもらいました。14日の音楽大会まであと少し。最後の最後まで、笑顔いっぱいで、聞いた人が勇気をもって未来へステップアップできるような合唱をめざします。

1年 秋見つけ〜宮口神社にて〜

画像1 画像1 画像2 画像2
 10月2日、前日降り続いた雨も上がり、青空のもと1年生は生活科の授業で秋見つけに宮口神社まで歩いていきました。色々なところに落ちているドングリを見つけて、宝物のように拾ってお互い見せ合う姿は、とても楽しそうでした。色や形の違いを発見したり、ドングリ以外にもいろいろな秋を見つけた子どもたち。これから、この日に集めたたくさんの秋を使って、子ども園の年長さんと楽しい遊びができるように、計画を立てたいと思います。

9月24日 公共施設見学

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 9月24日は、公共施設見学でした。とよた科学体験館と渡刈クリーンセンターへ行きました。
 科学体験館では、プラネタリウムへ入り、月の満ち欠けの様子、夏の星座・秋の星座、季節ごとの太陽の日の出日の入りの様子、惑星について学習しました。盛りだくさんの内容でしたが、実際に頭上で天体の動く様子を見ながら楽しんで学習することができました。ちょうど前の日(23日)が秋分の日だったので、太陽の日の出に日の入りは、真東から登って真西にしずむんだという話はぴったりでした。
 渡刈クリーンセンターでは、豊田市のごみの処理について話があり、実際に燃やすごみを燃やす様子を見学しました。クリーンセンターが、ごみを減らす工夫や環境を汚さない工夫をしていることを学習しました。
 曇り空でしたが、元気にマナーよく見学をすることができました。

<児童の感想>
 サイエンスショーでは、空気を使った実験をしました。理科の授業でも空気のことを勉強したけど、サイエンスショーでは面白い実験があって空気の力がよく分かりました。

 太陽の日の出と日の入りの場所が変わるから、日が長い短いができると分かりました。これまで、太陽の動く速さが変わると思っていたので、印象に残りました。

 クリーンセンターでは、ごみがどうなるのかよく分かりました。中でもごみピットでクレーンがごみを持ち上げるところがすごかったです。クリーンセンターの秘密もよく分かりました。

 ごみの分別をきちんとやらなかったせいで、クリーンセンターの機械がこわれて修理に4日間もかかったと分かって、分別は大切なんだと思いました。
 
 クリーンセンターでは、地球にやさしい方法でごみを処理していることが分かりました。

3年 キューピー工場見学

画像1 画像1 画像2 画像2
 キューピー工場へ見学に行きました。子どもたちは、自分たちでマヨネーズ作りをしていることもあり、卵が1分間に600こも割られることや、かき混ぜるスピードが速いことに驚いていました。
 お客さんが安心して食べられるように服装や手洗いにもこだわり、細心の注意をはらって作っていることを学びました。

小清水エコデー 逢妻女川に願いを込めて

9月12日に、小清水エコデーがありました。4年生は、地域の方と共に逢妻女川に親しむ活動を行いました。今年度3回目となる川遊びを行い。川の中の多くの生き物に触れ、川岸の植物や昆虫に親しむ児童も多くいました。中には、地域の方に生き物のことを教わる光景も見られました。土手の上では、カメやスッポンが展示され、外来種と在来種の問題について触れるきっかけとなっていました。
学校に帰ってきて、逢妻女川に個々の願いを込めて絵を描きました。

画像1 画像1 画像2 画像2

1年生 身体測定と保健指導

画像1 画像1 画像2 画像2
9月11日に、夏休み後最初の身体測定を行いました。どの子も背が伸びていて、喜ぶ子どもたちの姿がありました。
 そして、その際、保健の川村先生から、食べ物と健康についてのお話がありました。「きいやん」は、体のエネルギーになる栄養(車のガソリンみたい)、「あかぼう」は血や肉、骨を作るための栄養、「みどりん」は、体の調子を整えるための栄養として紹介してもらいました。その日の給食のメニューに含まれる食材を、三つの色別に分けてみて、すべての色の栄養が入っていることに驚いていた子もいました。
 食事は毎日とるもので、子どもたちの体と心を作る源です。子どもたち自身が、好き嫌いだけで食べるものを選ぶのではなく、健康のためにどの色も食べたい!と思えることを願っています。

9月11日 ごみステーション見学

画像1 画像1 画像2 画像2
4年生は、9月11日にごみステーション見学に行きました。
社会で、「ごみの処理と利用」という学習をしています。わたしたちの身の回りで出るごみはどのように処理されているのか、学習を進めています。先週家で出るごみについて調べたところ、紙くずなど燃えるゴミは、ごみステーションに持っていくということをたくさんの児童が調べてきました。11日は、ごみステーションに置かれたごみがどうなるのか見学しに出かけました。
11時少し前、ごみステーションに到着。たくさんのごみ、すごいにおいに子どもたちは圧倒されました。「くさあい・・・・」と言いつつ、たくさんの発見しようとごみステーションの様子を記録していきました。
パッカー車がやってきて、ごみを集めに清掃員さんが2人来ました。次々とパッカー車の中にごみ袋が入っていく様子を見学し、作業の後には、清掃員さんが質問に答えてくださいました。とても有意義な見学になりました。
今日の見学についてまとめ、次はそのあとの燃えるごみの行方を追って、24日に清掃工場へでかけます。

児童の感想
・おじさんたちは、雨や台風の時でもごみを集めに来る。朝8時からごみを全部集め終わるまで働いている。ごみを運ぶのは結構こしに来ると言っていた。大変だなと思った。
・清掃工場では、何人の人が働いているのか知りたいと思った。ふくろごと燃やしてしまうのかな?
・スプレー缶が原因で、パッカー車が燃えてしまったことがあるそうだ。分別をきちんとしないといけないと思った。


3年 大豆名人から学ぶ

画像1 画像1 画像2 画像2
総合の授業で大豆について調べ、育ててきた子どもたちは、名人から大豆の知識を少しでも学ぼうと目をキラキラさせながら聞いていました。特に大豆に水をあまりあげないということに驚いていました。これから、名人のアドバイスを生かし、大豆が大きく成長できるようにしたいです。

3年 学校保健委員会

画像1 画像1 画像2 画像2
学校保健委員会を通して、歯磨きすることの大切さや、仕上げ磨きをしてもらうことの大切さを学びました。これから、国語の授業で「マイほけんだより」を作り、2年生に歯磨きの大切さを伝えていきたいと思います。

1年生 ふれあい給食

7月1日、あいにくの雨天でしたが、多くの保護者の方がふれあい給食にご参加くださいました。子どもたちは、てきぱきと配膳をし、おうちの方を教室に招き入れたときはとても誇らしそうな顔をしていました。そして、いつもよりたくさん給食を食べている子どもたちの姿がありました。
育友会の方々が準備や片づけのお手伝いして下さったおかげで、親子で給食を食べる時間がたっぷりとれました。みなさまのご協力のおかげで、たくさんの子どもたちの笑顔を見ることができました。ありがとうございました。

画像1 画像1 画像2 画像2
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31