平成31年度がスタートしました。地域の皆様、保護者の皆様をはじめ、学校の教育活動を支えてくださる皆様方、本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

校長室から(その26)

 3月23日、平成29年度の授業・行事等をすべて終えました。修了式では、九澤乃南さんと坂口鈴奈さん、倉田愛弓さんが生徒代表で意見発表を行いました。
 「苦手なことも本気でがんばれば、なんとかなることがわかった」「塵も積もれば山となる…私も努力を続けたい」「意欲と仲間の協力があれば、自分たちで工夫できる」「何事にも挑戦していこうという気持ちになれた」など、発表の中には生徒の心に響く言葉がたくさん詰まっていました。仲間と協力しながら、様々なことに真剣に取り組んできた経験を経て、ひと回り大きく頼もしくなった「磨心」学年、「絆」学年の姿がよく伝わってきました。私(校長)からは、それぞれの学年が最も大切にしてきたことを宝として、今後も成長し続けてほしいことを、落語「はてなの茶碗」をネタにしながら伝えました。
 崇中生が、充実した一年を送ることができたのも、保護者、地域の皆さんの御支援のおかげであると感じています。

校長室から(その25)

 第71回卒業式は、卒業生の「やる気」「本気」「勇気」が随所に見られる感動的なものとなりました。担任の呼名に、精一杯の気持ちで答える返事。「あなたへ」「仰げば尊し」など、式の中での美しい合唱。そして、式次第にない「担任への呼びかけ」というサプライズ企画…。中学校生活を支えてくれた「両親」「先生」「後輩」などへ、感謝の気持ちを言葉と態度で示してくれました。温かさにあふれ凛とした卒業生の姿に、心から祝福の拍手を送りました。
 正門の脇にある崇化館中伝統の「誓の塔」に、卒業生の合言葉である「気」という文字が、新たに刻まれました。崇中の教員は、「誓の塔」を見るたびに、当時の卒業生を思い出し、その活躍を応援し続けています。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

校長室から(その24)

 舞台上の演技に、3年生の生徒たちから爆笑がわき起こりました。そして、映し出されたなつかしい映像に、水を打ったような静けさに包まれる場面もありました。
 3月1日に開催された「3年生を送る会」は、2時間という長さを忘れさせるほど中身が充実しており、1・2年生のアイデアと思いやりにあふれていました。卒業を目前に控え、3年生の生徒諸君が自分たちの3年間の成長を確認し、後輩からの感謝の気持ちを受け止める素晴らしい会となりました。
 学校行事や部活動などでは、3年生のがんばる姿が1・2年生の目標となって、活動の質が高まっていきます。先輩の背中を追いかけながら、後輩が成長していくわけです。それが崇中生の気質であり、伝統でもあるのでしょう。崇中生の温かさやエネルギーの大きさは、着実に1・2年生にうけつがれていると、この会を通じて、私(校長)は感じました。
 いよいよ明日、卒業式を迎えます。3年生は、態度や歌で「崇中生はこうあるべき」という姿を見せてくれるものと思っています。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

校長室から(その23)

 学校の中庭にある梅が蕾を膨らませています。春は確実に近づき、3年生が登校する日数も少なくなりました。東階段には「卒業式まであと○○日…」と、カウントダウンの掲示が出現しています。
 3年生は、各自の進路実現に向けて努力を続けるとともに、卒業という区切りを堂々と迎えようと緊張感のある生活をしています。そんな3年生にエールを送るため、1年生と2年生が「3年生を送る会」を計画しています。3年生に喜んでもらう企画はどうだろうか?感謝の気持ちを伝えるには、どんなことを考えたらよいのか?リーダーを中心に準備を進めています。私(校長)は、この経験こそが2年生を最上級生に、1年生を先輩にステップアップさせる契機になると感じています。「3年生を送る会」本番は、3月1日に迫ってきました。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

校長室から(その22)

 2年生が乗鞍での自然教室から帰ってきました。「ゲレンデは、今シーズンで最高の状態です」と施設の所員さんが自慢するほどの好条件でした。遠くに真っ白な山々が連なる雄大な風景を見ながら、気持ちよくスキー実習を行うことができました。各班の仲間が競い合い、応援し合いながら実習に取り組んだので、インストラクターの皆さんがびっくりするほど上達し、生徒の満足感も高く充実した研修となりました。
 楽しいことが多い自然教室プログラムの中で、生徒がしんみりと自分たちのこれまでを振り返り、将来に向けて思いを巡らせることができたのは、「家族への手紙」と「立志の会」でした。堂々と将来の夢を語る仲間の姿をまぶしそうに見つめ、自分はどうだろうかと真剣に考えました。間もなく3年生、そして一年後には受験。自分の将来を展望しながら、まずは中学校卒業後の進路決定をしていくこれからの1年。面倒なことからも逃げないで立ち向かってほしいと思います。私(校長)は、仲間と支え合いながら自然教室を成功させることができた2年生のチームワークと臨機応変さに、頼もしさを感じました。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

高山散策

帰りに高山を散策しました。
画像1 画像1
画像2 画像2

立志の会

自然教室最後の夜に立志の会を行いました。
代表の生徒が、みんなの前で自分の夢を語ったり、学年で大切にすることを書き示した「磨心の真髄」の発表をしたりしました。
生徒が自分自身を見つめ、新たな決意を固めることができました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

自然教室3日目

「晴れていて風はない。今シーズン最高のスキー日和です。」
所員の方が、朝のつどいでこう言われました。
2年生の日頃の行いが生んだロケーションでしょうか。
今日はスキー実習2日目となり、リフトに乗ってゲレンデに行く生徒が増えてきます。
怪我なく、大自然を楽しんでいきたいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

自然教室2日目

いよいよスキー実習が始まりました。初めての人も戸惑いながら一生懸命練習しています。
画像1 画像1
画像2 画像2

自然教室1日目

1日目は雪上運動会と学年レクリエーションがありました。
雪上運動会では、こんなにも多くの雪に触れることが初めてだという生徒も多く、大自然を体感することができました。学年レクリエーションでは、スライドを使ったクイズや障害物リレーを行い、学年全体で楽しむことができました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

自然教室へ向けて

本日、二年生が自然教室へと出発しました。
出発式では、三年生から熱いエールをもらい、一段と気持ちが高まりました。
たくさんのお見送りありがとうございました。
最高の仲間とともに、たくさんのことを学ぶことができる、4日間にしたいと思います。
画像1 画像1

校長室から(その21)

 年末から県内にインフルエンザ警報が発令されており、市内での流行が懸念されていましたが、1月中旬より近隣の学校でも「インフルエンザ流行による学級閉鎖」が多く見られるようになりました。特に、自然教室を控えた2年生、入試に出かける3年生への感染拡大を防ぐために、先週末より「部活動の活動停止」「マスクの着用」「手洗い・うがいの励行」などの措置をとりました。保護者の皆さんのご協力により、本校では終息の方向に向かっています。
 さて、2年生は実行委員が中心となり、「学年レク」や「立志の会」などの計画、練習を進めています。先日の学年集会では、学年の教員に「いつもありがとうございます。磨心学年をこれからもよろしくお願いします!」と、手紙とシュプレヒコールで気持ちを伝えました。担任教員たちは、思いがけないサプライズ企画に感激するとともに、生徒たちと乗鞍で過ごす4日間を楽しみにしながら準備を進めています。私(校長)は、実行委員が、「生徒と教員が力を合わせて自然教室を成功させよう」と考えた感性に感心しました。「心を磨く」と書いて「磨心学年」。生徒の心にその精神が根づいているようです。
 乗鞍のスキー場は24日現在で積雪80センチ。新雪でのスキー滑走が楽しめるそうです。
画像1 画像1 画像2 画像2

校長室から(その20)

 12月22日に冬休み前の全校集会を行いました。中心は、4名の生徒(山内駿くん、川合敦大くん、石黒美緒さん、柴田雄平くん)による「生徒代表発表」です。彼らの発表で共通していたことは、部活動や合唱、学級役員等の経験を通して、仲間とともに努力し成長する喜びを実感できた機会が「とてもうれしかった」ということです。うまくいかなかった場面を仲間との支え合いで乗り越え、自分たちが力を蓄えたと感じたとき、期待感や緊張感も加わって納得できる結果に向かっていくようです。4月以降、様々なところで生徒の活躍を見ることができ、生徒たちの成長を感じました。
 全校集会では、特別支援学級の仲間による「きよしこの夜」の演奏披露があり、すっかりクリスマス気分を盛り上げてくれました。私(校長)からは、除夜の鐘をテーマに新たな気持ちで新年を迎える日本人の心がけを伝えました。最後に、全員で「一本締め」をして締めくくりました。
 皆様からいただいた、多くの御支援・御協力に感謝申し上げます。

校長室から(その19)

 12月13日の午後、強い寒気が日本列島をおおう中、崇化館中学校南側斜面のフラワーロードにパンジーを植えました。多くの生徒と保護者の皆さんがボランティアで参加してくださり、予定した時間を大幅に短縮して終えることができました。とりわけ3年生徒の参加が多く、母校に貢献したいという意気込みが伝わってきました。作業の様子を見ていると、仲間同士で和やかに手際よく作業を進めており、崇中生の温かさを感じました。きちんと根付いたら温かな花を咲かせてくれると思います。
 私(校長)が、とてもうれしかったことは、生徒が作業を終えた後で、ササッと苗のバランスを整えてくださる保護者の皆さんの気配りです。せっかく植えた花ですから、多くの方の目を楽しませてほしいものです。保護者の皆さんのそのひと手間が、パンジーの花が咲きそろったときに美しさを際立たせるのだと思います。生徒と同じように学校を大切にしてくださっている保護者に皆さんに感謝しています。もちろん、生徒諸君の働きにも感謝していますよ。
画像1 画像1 画像2 画像2

人権週間

画像1 画像1
 すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。
 世界人権宣言の第1条です。

 人権週間の活動として、JRC委員のみなさんが、それぞれ所属する学級において、人権尊重の重要性や必要性についての理解を深めることをねらいとして、「全校中学生人権作文コンテスト入賞作文」「愛知県大会入賞者作文」などの中から、級友に紹介したい作品を選び、朝の会の前の時間を活用して、仲間の前で朗読してくれました。人として大切なことを改めて考え、自分の生活を見つめるよい機会になったと思います。JRC委員のみなさんが思いをもって行ってくれた活動、とても大切で価値ある活動でした。思いをもって進めるこうした活動の積み重ねが、誰もが安心して楽しく学べる学校を作っていくのだと思います。JRC委員のみなさん、おつかれさまでした。

自然教室説明会

 本年度の2年自然教室は、国立乗鞍青少年交流の家で実施します。本日の交流の家は、気温マイナス5度、積雪20cm 、快晴で素晴らしい景色が見られたようです。2年生の保護者様におかれましては、本日、お忙しい中、自然教室説明会に足を運んでくださり、ありがとうございました。
 これから自然教室の準備活動を本格的に始めます。保護者の皆様にもお力をいただくことが多々ありますが、どうぞよろしくお願いいたします。生徒のみなさん、自然教室は、自己の成長、学年全体の成長のチャンスです。みんなで力を合わせ、素敵な自然教室を創り出していきましょう。
画像1 画像1

校長室から(その18)

 12月5日、本校1年生が「小学6年生に中学校生活を紹介する」という企画で、それぞれの出身小学校を訪問しました。久しぶりに見る校舎や運動場の様子を懐かしみ、小学校の先生方と再会して笑顔でふれあう姿は、小学生時代にタイムスリップしたかのようでした。
 しかし、校庭の落ち葉掃きなどの奉仕活動を熱心に行う姿や、キリッとして中学校生活を紹介する姿などは、とても立派でした。小学校の先生方にお会いしたら、「小学生では手が届かないところまで、きれいにしてくれて本当にありがたいです」「自信をもって紹介していたので、部活動が楽しいのですね」などの、感想をいただきました。本校の1年生職員も、各小学校での生徒の活躍を嬉しそうに報告してくれました。
 私(校長)は、近頃よく言われる「中1ギャップ」の緩和のためには良い企画であると思っています。小学生の不安も「身近な先輩が、中学校でも生き生きとがんばっている姿を感じること」で解消できるのではないでしょうか。各学校の計画や都合もある中で、温かく中学生を迎えてくれた小学校の先生方に感謝しています。崇化館中学校区では、小・中学校の連携は円滑に実施できていると言えます。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

安全確保のためにご協力ください! 使用する門の変更

画像1 画像1
 現在,徒歩で通学する生徒が利用する門を正門,自転車で通学する門を西門としています。正門は,自動車の出入り口としても使用しているため,生徒と自動車の接触事故が心配される状況となっています。また,駐車場が手狭なこともあり,自動車同士の衝突事故を心配する状況にもなっています。生徒及び学校利用者の安全を確保するため,使用する門等の変更を次のように行います。ご理解とご協力をお願いいたします。

変更の内容
・徒歩で通学する生徒については,南門および正門を利用する。
・自転車で通学する生徒は,西門を利用する。
・給食運搬車やごみ収集車は,北門を利用し,正門や校舎前を通過しないように
 する。
・クラブ活動や学校開放で車による送迎等をする場合は,基本的に,屋外バレー
 コート西の駐車場を利用する。

保護者の皆様へのお願い
・生徒の送迎を行う場合は,けが等で歩行困難な場合を除き,
 基本的に屋外バレーコート西駐車場の利用にご協力ください。

 本日、生徒への説明を行いましたが、お子様の登校等についてご心配なこと等がありましたら、担任、校務主任までご連絡いただきますようお願いいたします。

  11月29日配付の文書を確認する場合 → 使用する門の変更





感嘆符 卒業式・入学式の期日が公表されました

 平成29年度の卒業式及び、平成30年度の入学式・卒業式の期日が公表されましたので、取り急ぎお知らせいたします。

 平成29年度 卒業式 中学校 3月 6日(火)
            小学校 3月20日(火)

        ※修了式は、予定通り3月23日(金)になります。

  
 平成30年度 入学式 中学校 4月 5日(木)
            小学校 4月 6日(金)
 
        卒業式 中学校 3月 5日(火)
            小学校 3月20日(水)

            ※修了式は、3月22日(金)になります。

 ご予定いただきますようお願いいたします。

育友会主催 民生委員さんの協力を得ての資源回収

画像1 画像1
 11月11日(土)に実施しました育友会主催「資源回収」の様子が、中日新聞(18日朝刊)で紹介されました。
 資源回収は、毎年、環境安全委員会の皆様が中心になって進めてくださっている活動です。本年度は、地域貢献活動の一環として、民生委員様のご協力をいただいて一人暮らしの高齢者のご自宅にも回収にお伺いしました(環境安全委員の皆様が時間をかけて企画・実現させてくださった企画)。事前にちらしを配り、当日がんばってくれた生徒のみなさん、おつかれさまでした。また、活動に協力してくださいました保護者の皆様、区長様や民生委員様をはじめとする地域の皆様に感謝いたします。新聞に紹介された羽根田さんの「地域の人のためになればうれしい」という言葉が、崇中生の心をよく表しています。
 
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
4/1 学年始休業(〜4日)
4/5 新任式・入学式・始業式