7月になりました。暑さと湿気が一段と増してきます。部活動も熱を帯びてきます。「早寝、早起き、朝ご飯」を意識し、体調を整えたうえで、毎日の生活を送るようにしましょう。

平成22年度チャレンジ&ドリーム校事業計画書

平成22年度チャレンジ&ドリーム校事業計画書


テーマ
    1、国際交流活動を通して、社会に貢献する生徒の育成
    2、地域人材講師を活用し、「心の教育」による健全な生徒の育成

サブテーマ
    1、「フィリピン緑の森ツアー」においての交流活動・植林活動を通して
    2、地域の人材を生かした図書ボランティアの活用 a:国際交流

学校づくりの視点
 1 交際交流活動
  豊田東名ライオンズクラブが主催して行われる、フィリピンへの「緑の森ツアー」参 加を通して、国際貢献等の必要性を理解させ、幅広く国際理解・交流を積極的に行おう とする意識を高める。

 2 図書ボランティア(地域講師)の活用
  図書館教育の充実を目指し、地域の人材講師の活用、及び学校図書館司書との連携に よる、生徒の読書意識の高揚を図り、より書物に親しむことのできる環境づくりを目指 していく。

活動内容・方法
 1 国際交流活動(「緑の森ツアー」)
 2 図書ボランティア(地域講師)の活用
   ア 全校生徒から参加希望を募るとともに、各家庭を対象にして、現地に寄贈して     いく学用品及び衣料品等の寄付を行っていく。
   イ 植林活動及び現地学校との交流活動を行っていく。
   ウ フィリピンからの留学生を受け入れる体制を作っていく。
   エ 学校便り、ホームページ、帰国後の報告会等を通して、交流状況を紹介してい     く。
   ア 地域の人材を活用して、学校図書の分類や、整理等の学校図書館司書と協力し     て行うとともに、朝の読書時間に「読み聞かせ」を全学級で実施していく。
   イ 「読み聞かせ」は各学年毎週全学級で実施していく。


活動計画  
 5月 ライオンズクラブとの打ち合わせ会
 6月 参加者募集(全校対象)
 7月 派遣生徒の決定
10月 「緑の森ツアー」説明会の実施
    街頭・校内植林の募金活
    結団式及び市長表敬訪問
11月 「緑の森ツアー」諸準備出発・帰国
12月 報告会実施及び事業報告  4月 ボランティア募集
 5月 第1回打ち合わせ会
     (年間活動計画の作成等)
    活動計画による活動開始
 3月 最終打ち合わせ
    ・活動のまとめ
    ・次年度への活動計画検討


効果 成果
 1 国際交流活動
   フィリピンの文化・習慣言語等の違いを体験することによって、異文化を理解する  とともに、国を超えて、ともに植林活動を行うことによって、環境保護活動の重要性  や国際貢献の必要性を認識し、積極的に国際理解を図っていこうとする態度を培うこ  とができる。

 2 図書ボランティア(地域講師)の活用
  ○学校図書館司書との連携により図書館の分類・整備等の充実が図られ、書物の貸し   出し等をスムーズに行われ、読書意欲が高まり、貸し出し件数が増加することが期   待できる。
  ○朝の「読書の時間」に全学級「読み聞かせ」をすることにより、書物に親しむこと   ができる。

 

平成22年度チャレンジ&ドリーム校事業計画書

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31