3月2日(月)から臨時休校措置が決定しました。休校期間中の生活に関して、学校でも指導を行いました。ご家庭での見守りをよろしくお願いします。

雨にも負けず 風にも負けず 〜今朝の様子〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
新年明けて2日目の今日は、朝から大変な風雨になりました。午前7時を過ぎても、なかなか明るくならず、暗い中の登校を余儀なくされた生徒も多かったのではないでしょうか。校舎内は湿度が高く、廊下や壁には水が浮き、びしょびしょな状態です。天候の回復とともに、次第に改善されるとは思いますが、乾いてくると今度は汚れが浮き上がり、掃除が大変になります。今日の清掃の時間は、やりがいがありそうです。生徒の下校時には雨も上がり、天気は回復に向かう予報です。

校長先生の授業

画像1 画像1
 年頭の全校集会のなかで、令和2年最初の校長先生の授業がありました。
 上中生の皆さんは、型の決まっているあいさつや返事は、とても素晴らしいといつも感じます。今日表彰を受けた生徒の返事も実に素晴らしいものでした。元気よく「はい!」と声が出せます。素晴らしいことです。しかし時に、型にはまっていない状況でのあいさつなどは、まだまだ苦手な人がいるようです。例えば、新年初めて会った人へのあいさつは、日本人なら「おはようございます」よりも「あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします」の方が適切でしょう。その場やその人にふさわしいあいさつは何なのか、型にはまらず瞬時に判断し、適切な行動がとれること、それをぜひ今年の努力目標にしてほしいと思います。
 先生は「はじめてのおつかい」という番組が大好きです。それこそ番組を見ている間何度も涙を流して感動します。それはどうしてなのか…答えは、物心ついたばかりの小さな子どもが、一生懸命一人で考え、自分の持てる力を総動員して行動しようとする所にあります。そのけなげな姿に視聴者は惹かれるのだと思います。中学生の皆さんも、型にはまった行動だけでなく、自分で考え、自分で声を出して、自分の判断で行動することが大切です。
 さて先生は、年末に福岡に旅しました。そしてある神社に参拝しました。それがどこだかわかりますか?そう「太宰府天満宮」です。この神社に祭られているのは、ある有名人です。もう既に歴史の授業で勉強していると思います。「菅原道真」です。遣唐使の停止を献策し認められたことで有名です。彼はとても優秀な人物でした。その有能さを天皇に見込まれ、右大臣に抜擢されます。しかし、彼は悲劇に見舞われます。時は藤原氏の摂関政治の時代。権力の中枢を独占したいと考える藤原氏の妬みの標的となってしまいました。結局菅原道真は、藤原摂関家の奸計により、京の都より遠く離れた九州大宰府の地に左遷され、そこで一生を終えました。死後、彼の潔白は証明され、彼の魂を鎮めるために建てられたのが、太宰府天満宮であり、京都の北野天満宮です。菅原道真は、その優秀さから、学問の神として人々にあがめられるようになりました。岩津天満宮も菅原道真を祭った神社の一つです。今回校長先生は、太宰府天満宮で、学問の神様菅原道真公に上中生みんなの学問成就をお願いしてきました。令和2年もみんな一生懸命勉学に励み、健やかに成長していきましょう。

担任の先生からのメッセージ 〜今日の黒板日記 2〜

引き続き、各教室の黒板の写真です。ネズミや鏡餅のイラスト、いいですねえ。イラストが得意な先生もそうでない先生も、味のあるイラストは生徒をひきつけます。今日からの3日間が「黄金の3日間」であること、まさにその通りです。私(校長)も、昨日からの3日間で、何とかいつものペースを取り戻さなければ・・・と思っています。2020年、東京オリンピックの年。この節目の年だからこそ、この1年に良い思い出をたくさん残せるよう、良いスタートを切りたいものです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

担任の先生からのメッセージ 〜今日の黒板日記 1〜

今朝は、いつにも増して教室の黒板が賑やかでした。担任の先生が、年の初めにあたって、生徒たちに思いを強く届けようとする気持ちが伝わってきて、思わず足を止め、黒板に見入ってしまいました。3年生は、あと36日で卒業なのですね、ビックリです。おそらく、この日数はとても速く過ぎていくように感じるはずです。1・2年生も、次の学年に向けての助走期間として、これからの3か月を充実させてほしいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2020年の学校生活が始まりました 〜今日の登校風景〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
1月7日(火)、今日から学校生活が始まりました。西門の登校風景です。休み明けのせいか、あいさつの声は少し淋しいものがありました。でも、中にはにっこり笑顔であいさつをする子もいました。いつもは真っ黒なカラスをよく見かけるのですが、今朝は郵便局の屋上に、白いサギの姿がありました。この1年、良いことがありそうな気がして、思わずシャッターを切りました。

書き初め大会3年生

 3年生の今年の課題は「新たな挑戦」です。卒業後様々な進路に進んでいく3年生にとてもふさわしい言葉です。3年生は5文字書きます。1、2年生に比べて、ややバランスが難しいようです。3年生にとっては最後の書き初め大会です。みな真剣に取り組んでいます。生徒の作品は、3年生の懇談会や学校公開日に掲示します。また入賞作品は、豊田市書き初め展に出品されます。
 古代中国では、文字を書けるのは一握りの特権階級だけだったと言われています。文字を書けるというのは権力者の証、ステータスでもありました。現在の日本は、幼い子供からみな文字を書けるようになっています。古代中国に行けば、上中世のみんなも王侯貴族の特権階級です。文字を扱う能力は、文明を発展させ、科学技術の進歩をもたらし、現在の豊かな暮らしを支えているともいえます。文字は学びの原動力です。3年生は、義務教育の仕上げとして、書き初めを頑張ってほしいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

書き初め大会2年生

 2年生の今年の課題は「輝く生命」です。力強い命の芽吹きを感じる言葉です。中学生の書き初めは、行書体で文字をしたためます。冬休みに何度も練習してきた成果を発揮しています。2年生もみんなとてもいい表情です。
 世界最初の文字は今からおよそ5000年前に初めて発明されたと言われています。漢字の元となった中国の甲骨文字は、およそ4000年前に作り出されています。漢字は不思議な文字です。たった1文字で、物や出来事、状態を表すことができます。1文字に多くの情報が込められた文字です。このことが漢字の良さであり難しさでもあります。日本では中国から取り入れた漢字を、独自にアレンジして日本語の表記に使ってきました。これからもずっとこの漢字を使い続けていくことと思います。一字一字の文字に思いを馳せながら書き初めに取り組んでほしいと思います。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

新春恒例の書き初め大会1年生

 令和2年初日は、今年も書き初め大会です。1年生の課題は「強い信念」です。一年の計を定めるこの時期にとてもふさわしい言葉が選ばれました。皆黙々と真剣な表情で、一筆一筆文字に向き合っています。文字という多分に実用的なものを、芸術にまで高める書道は、日本独特の文化であると思います。西洋文化圏にはあまり見られないものだと思います。じっくりと文字に向き合うことができ、心が練られてくるのがとても不思議です。これからも大切にしていきたい文化の1つです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

校歌斉唱

最後に全校生徒が一体となって、校歌を斉唱をしました。とても素晴らしい歌声が体育館に響き渡りました。今年も良い1年になりそうな予感がしました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

代表生徒の発表

年頭にあたり、各学年の代表生徒が、日々の学校生活や日常の生活の中で持った思いや考えを発表しました。どの生徒も大変堂々と自分の意見を述べる姿が見られました。3人に共通して言える事は、非常に物事について深く考えているということです。しっかりと考えることにより、確固たる自分の意見を持つことができています。3人の発表によって、すっと空気が引き締まるように感じられました。気持ちも新たに頑張っていこうと、上中生みんなの意欲が高まりました。3名の代表生徒のみなさん、ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

表彰披露2

文化的表彰も多くの生徒が受けています。写真だけ紹介していきます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

令和2年最初の全校集会 表彰披露

休み明け最初の全校集会では、多くの部活表彰や文化的表彰がありました。全てをここで紹介することはできません。詳細は学校便り等をご参照ください。上郷中学校の生徒が大変頑張っている証です。これからも活躍を期待します。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

あけましておめでとうございます

画像1 画像1
画像2 画像2
2020年、あけましておめでとうございます。いよいよ東京オリンピック・パラリンピックの年になりました。上郷中学校もさらに飛躍すべく教職員一丸となって、学校運営に取り組んでまいります。今年も変わらぬ御理解と御協力をお願いします。皆さま、良いお正月をお過ごしください。

部活動 練習納め 〜お世話になった場所を大掃除〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
「場を清める」ことで、きっと良い運気が流れ込んでくることでしょう。2020年は東京オリンピック・パラリンピックの年。上郷中学校の部活動にも一段と勢いがつくことを願っています。それでは、皆様、良いお年をお迎えください。

部活動 練習納め 〜お世話になった場所を大掃除〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
体育館では、倉庫や舞台上、床拭きなどの作業を、日ごろ、体育館を使用している部活で協力して取り組んでいました。「ONE TEAM」の姿でした。

部活動 練習納め 〜お世話になった場所を大掃除〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
12月27日(金)。今日は「仕事納め」「御用納め」の日です。部活動の練習も年内は今年が最後になります。今日は、校内のいろいろな場所で練習後に大掃除が行われていました。写真は部室、弓道場の様子です。

明日から冬休み 〜朝のボランティア活動に取り組む生徒たち〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
12月23日(月)、今日は冬休み前の最後の登校日です。上皇様(平成の天皇陛下)のお誕生日なので、昨年までは「天皇誕生日」でお休みでした。今年度、今週は今日だけ登校し、明日からが冬休みです。先週から月曜日の朝に始まった生徒会主催の朝のボランティア活動が行われました。昨日の雨が上がり、青空が広がる中、生徒たちは校舎内外の清掃に自主的に取り組んでいました。今日は、午後から大掃除を行う予定でしたが、インフルエンザが広がっているため、通常の清掃に切り替え、少しだけ早く下校することにしました。

明日から冬休み 〜気持ちを切り替える良い休みにしてください〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
いよいよ明日から冬休み。インフルエンザ感染が広がっており、空席が目立つ教室や、体調不良を訴えて早退する生徒が増えています。インフルエンザによる「出席停止」が1日でもある場合、「治癒証明書」が必要です。23日現在、インフルエンザで出席停止になっている生徒は、治癒証明書を1月7日(火)に学校に提出することが必要です。冬休み中にインフルエンザにかかり、冬休み中に完治した場合は、治癒証明書を学校に提出する必要ありません。14日間の冬休み、「節目」を大切に、新たな気持ちに切り替える良い休みにしてください。

令和元年最後の授業日

 今日12月23日は、昨年までは天皇誕生日でお休みでした。5月1日の改元と新天皇の即位により、今年は授業日となっています。冬休み目前で、気持ちが浮き立つところですが、みんな集中して授業に取り組んでいます。ただインフルエンザが流行の兆しをみせ、多少空席が目立つのが心配です。
 1年生の数学の授業を覗いてみました。上郷中学校では、数学の授業でアクティブラーニングの要素を取り入れた授業が行われています。提示された課題に対して子ども同士が教えあう活動を多く取り入れています。(写真上)この学習方法により、数学への苦手意識が多少軽減された生徒もいるようです。
 2年生では国語の授業を参観しました。(写真下)今年度2年生の国語の授業では、研究授業が行われ、こちらもアクティブラーニングを取り入れた授業方法が模索されました。学校も時代に合わせて日々進化しています。令和2年もさらなる発展を目指していきます。
画像1 画像1
画像2 画像2

3年生学年集会

画像1 画像1
新元号「令和」に変わって8ヶ月が過ぎようとしています。4時間目は3年生が武道場で学年集会を行っています。午後、5時間目に令和元年最後の授業があります。それが終われば、いよいよ冬休みです。学年集会では、進路についてや冬休みの学習、冬休みの生活について、担当の先生より話がありました。3年生は特に、進路について大切な冬休みです。私立専修学校受験者は、願書を中学校に提出しました。今後、検定料の納入等の予定があります。進路便りや学年通信を熟読されて、検定料の納入等、進路関係の手続きに遅れがないように、よろしくお願いします。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
1/9 3年第3回学習診断テスト
1/13 成人の日

校長先生からのおたより

学校だより

特色ある学校づくり推進事業

いじめ防止基本方針

その他

災害時の対応