夏休みも残り少なくなってきました。9月に向けて生活リズムを「夏休みモード」から切り替えるようにしましょう!

1日入学 3.21

 一昨日小学校を卒業した63名が登校し、国語、社会、算数、理科のテストをした後、校長の話を聞きました。
 
 校歌の練習をして、ほとんどの生徒が4月からの方法で下校しました。次に登校するのは、4月5日の入学式となります。

 

小学校卒業式

 足助地区の10校の卒業式に参加しました。

 卒業生の門出を1年生から5年生全員でお祝いしており、学校生活での学年を超えた絆の深さを感じました。

 卒業生は、3月21日に中学校に登校します。不安もあると思いますが、1年生を中心に不安を軽くするための準備をしているので、安心してください。

 4月5日の入学式では。在校生、教職員一同で歓迎いたします。

卒業生の話を聞く会 3.15

 2年生の進路学習で「卒業生の話を聞く会」があり、本校卒業生の高校3年生16名が講師となって話をしました。2年生は関心のある高校を3校選択して話を聞きました。

 高校の特色、学習や部活動のようす等を紹介した後、2年生からの質問に答え、最後にメッセージを送りました。

 どの卒業生も自信をもって話しており、2年生にとって、とても役に立つ話をしてくれました。

 16名の卒業生のみなさん ありがとうございました。



 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

平成25年度前期生徒会役員選挙

 3月14日の5校時に生徒会役員選挙が行われました。体育館で各候補者の演説を聞いたあと、投票をしました。

 当選者は自分の掲げた公約を実行し、卒業した3年生から引き継いだバトンをさらに光り輝くものにしてほしいと思います。

 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

読み語り  3.14

 今年度最後の読み語りが行われました。読み語り終了後、各クラスの図書委員からお礼のことばと花束を贈りました。
 
 ボランティアの皆様 ありがとうございました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

通学団会 3.13

 5校時に通学方法別の通学団会を行いました。徒歩、自転車、定期バス、スクールバスに分かれて、今年度の通学の様子などを振り返り、来年度の副団長を選びました。
 また、21日の1日入学の登校について確認しました。

 
画像1 画像1 画像2 画像2

地域貢献活動 3.12 2年A組編

 2年A組は足助地区の橋4か所の清掃をしました。

地元の方や観光客の方にも「がんばってね。ありがとう。」「助かるね。」と声をかけていただいたそうです。

 地域貢献活動のようすは、ひまわりネットワーク「とよたNOW」で本日午後6時30分から放映されます。
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

地域貢献活動 3.12 2年C組編

 2年C組は足助地区のトイレ7か所を清掃しました。
「分担したところがきれいになってよかった。」「班長をやって自信がついた。そうじもしっかりできてよかった。」という感想とともに、今後も足助への感謝の気持ちを持ち続けようと決意を新たにしました。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

地域貢献活動 3・12 2年B組編

 2年B組は、平成18年度に行った「風の街道プロジェクト」で整備した国道420号沿いのゴミ拾いを行いました。


 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

平成25年度に向けての教室移動 3.11

 これまで1年生は1階、2年生は2階で生活してきましたが、3年生の卒業後はそれぞれ2階、3階に移動して生活します。

 自分の学習セットや用具をもって移動をしました。教室を移動することで2年生、3年生になる自覚が高まることでしょう。


 写真 金属ロッカーにある用具を3階に移す準備をしている2年生 
画像1 画像1

東日本大震災から2年

 東日本大震災から2年がたちました。昨年のASK活動では、地域の防災施設等を見学したり、危険個所を調べたりして、防災マップづくりに生かしてきました。また、中学生は助けられる立場から助ける立場になることを確認しました。

 東海、東南海、南海地震がいつきてもおかしくないと言われており、最大規模の被害予想は32万人という数字も出ています。今一度、自分の家での防災対策について考える機会にしたいものです。

 2年社会では、東北地方を学習しているので、農業や漁業の復興のようすを紹介しました。

門送り

 教室で担任から卒業証書を手渡され、校舎を去る卒業生を在校生、教職員で見送りました。

 卒業式後は涙をぬぐう光景も目にしましたが、この時は、全員笑顔でした。

 足助中学校に新たな伝統を刻み込んだ卒業生のみなさん、新天地の活躍を心から祈っています。

 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式 その5 校歌斉唱 卒業生退場

 卒業の歌に続き、卒業生にとって中学校で歌う最後の校歌を熱唱した後、祝福の拍手の中を退場しました。

 
画像1 画像1
画像2 画像2

卒業式 その4 卒業生答辞 卒業の歌

 卒業生答辞では、「部活動で、最後まであきらめないことの大切さを実感し、最後の足中祭では、仲間の大切さを改めて感じました。・・・・先輩からバトンを受け継ぎ、このバトンを自分たちらしく磨こうと考え行動してきました。当たり前のことを当たり前にすることの難しさを学ぶとともに、仲間とかかわる時間も増え、学年が一つにまとまっていきました。・・・」と今年度を振り返りました。
 
 最後に、71名全員がそれぞれの場所で、自分らしく、輝いていくことを誓い、答辞を締めくくりました。

 答辞の後、卒業の歌「道」を歌いました。3年生の絆の深さが歌声からも感じることができました。


 
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式 その3 在校生送辞 送別の歌

 在校生送辞では、「・・・部活動で、常に視野を広くもち、よいところをほめ、悪いところを注意してくださったみなさんは、あこがれであり、目標でした。・・・私たちは、言葉にしたことを実行に移せないことがあります。みなさんのように行動に移せる姿を目指します。・・・3年生が築いてきた伝統をより価値ある伝統へ発展し、次へとつなげていきます。」と力強く誓いました。

 送辞の後、送別の歌「さよならと言おう」を感謝の気持ちを込めて歌い上げました。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式 その2 来賓式辞

 校長式辞に続き、来賓の方々からお祝いの言葉をいただきました。

 豊田市教育委員会指導主事古瀬久美代様からは、「・・・本日卒業の日を迎えた市内4,124名のみなさんが、郷土の歴史と伝統を受け継ぎながら、人に輝き 環境にやさしく 躍進するまち・とよたの新しい担い手となり、社会に貢献できる人となられることを願っています」

 鈴木章様からは、「すべて決意することから始まる。自分の夢をしっかりかいていくことからすべてが始まる」


 原田一秋様からは、「今まで支えてくださった多くの人たちに感謝の気持ちを忘れない。人生は進みながらつくっていくものである。」

 この他にも、小学校の校長先生をはじめ、多くの来賓の方に参加していただきました。
ありがとうございました。




  
画像1 画像1
画像2 画像2

卒業式 その1

 第66回卒業証書授与式が行われました。卒業生は名前を呼ばれると、気持ちを込めた返事をして、卒業証書を受け取っていました。

 校長式辞では、「足助中学校の先輩として立派にその役割を果たしてくれました。一人一人に自信をもって卒業証書を渡すことができました。・・・全校集会で渡り鳥の雁のV字飛行の話をしました。単独では、数十キロしか飛べない雁が、V字編隊を組むことによって、三千キロも飛べる話です。あれは、みなさんの姿を見ていて思ったことです。
・・・世の中には不条理なことは、多いですが幸せかどうかどうかを決めるのは、周りの人ではなく自分です。幸せな状況をつくるのは、自分の気持ちの持ち方次第なんです・・・」と卒業生に向かって語りました。


 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式前日 3.6

 3年生は、午前中学年集会、卒業式に向けて最後の練習などを行い、午後からは教室、廊下等の清掃を行いました。清掃終了後、「未来の自分への手紙」を書きました。これまでの自分を振り返り、将来の自分の姿を考える機会としました。この手紙は、成人式当日手渡されることになっています。

 写真中 手紙を書く3年生

 写真上 下 3月5日に行われた学級お別れ会
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

同窓会入会式 3.4

 3月4日の自活タイムに同窓会入会式を行いました。中野同窓会長から、同窓会の意味や経緯を説明していただいた後、3年生には高梨選手を取り上げて、エールを送っていただきました。

 3年生代表の鵜井君が、「大好きな足助のために貢献していきたい」と誓いの言葉を力強く述べ、めでたく足助中学校第66期同窓会員が誕生しました。

 
 
画像1 画像1
画像2 画像2

卒業生を送る会 3.1 その5 エンディング

 劇のあとには、3年担当の教員による企画でした。普段の姿からは想像できないやりとりに3年生を中心の笑いがあふれていました。

 3年間の思い出をスライドショーで振り返ったときには、1年生の時からの成長を実感しました。また、1年生、2年生の時の学年担当、教科担当の先生方からのビデオによるメッセージもあり、3年生は熱心に聞き入っていました。

 その後、実行委員長から「感謝の気持ちを表すだけでなく、自分たちもできるという自信がついた」という力強いあいさつがありました。

 3年生の代表は、「私の扉の向こうには、どんな道が待っているか不安もありますが、しっかり歩んでいきたい」とステンドグラスのデザインをうまく取り入れたあいさつがありました。

 最後に1・2年生で花道をつくり、その中を3年生が退場していきました。

 写真上 スライドショーで振り返る3年間

 写真中 3年生担当教員による出し物

 写真下 花道を退場する3年生

 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31