夏休みも残り少なくなってきました。9月に向けて生活リズムを「夏休みモード」から切り替えるようにしましょう!

門送り

 教室で担任から卒業証書を手渡され、校舎を去る卒業生を在校生、教職員で見送りました。

 卒業式後は涙をぬぐう光景も目にしましたが、この時は、全員笑顔でした。

 足助中学校に新たな伝統を刻み込んだ卒業生のみなさん、新天地の活躍を心から祈っています。

 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式 その5 校歌斉唱 卒業生退場

 卒業の歌に続き、卒業生にとって中学校で歌う最後の校歌を熱唱した後、祝福の拍手の中を退場しました。

 
画像1 画像1
画像2 画像2

卒業式 その4 卒業生答辞 卒業の歌

 卒業生答辞では、「部活動で、最後まであきらめないことの大切さを実感し、最後の足中祭では、仲間の大切さを改めて感じました。・・・・先輩からバトンを受け継ぎ、このバトンを自分たちらしく磨こうと考え行動してきました。当たり前のことを当たり前にすることの難しさを学ぶとともに、仲間とかかわる時間も増え、学年が一つにまとまっていきました。・・・」と今年度を振り返りました。
 
 最後に、71名全員がそれぞれの場所で、自分らしく、輝いていくことを誓い、答辞を締めくくりました。

 答辞の後、卒業の歌「道」を歌いました。3年生の絆の深さが歌声からも感じることができました。


 
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式 その3 在校生送辞 送別の歌

 在校生送辞では、「・・・部活動で、常に視野を広くもち、よいところをほめ、悪いところを注意してくださったみなさんは、あこがれであり、目標でした。・・・私たちは、言葉にしたことを実行に移せないことがあります。みなさんのように行動に移せる姿を目指します。・・・3年生が築いてきた伝統をより価値ある伝統へ発展し、次へとつなげていきます。」と力強く誓いました。

 送辞の後、送別の歌「さよならと言おう」を感謝の気持ちを込めて歌い上げました。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式 その2 来賓式辞

 校長式辞に続き、来賓の方々からお祝いの言葉をいただきました。

 豊田市教育委員会指導主事古瀬久美代様からは、「・・・本日卒業の日を迎えた市内4,124名のみなさんが、郷土の歴史と伝統を受け継ぎながら、人に輝き 環境にやさしく 躍進するまち・とよたの新しい担い手となり、社会に貢献できる人となられることを願っています」

 鈴木章様からは、「すべて決意することから始まる。自分の夢をしっかりかいていくことからすべてが始まる」


 原田一秋様からは、「今まで支えてくださった多くの人たちに感謝の気持ちを忘れない。人生は進みながらつくっていくものである。」

 この他にも、小学校の校長先生をはじめ、多くの来賓の方に参加していただきました。
ありがとうございました。




  
画像1 画像1
画像2 画像2

卒業式 その1

 第66回卒業証書授与式が行われました。卒業生は名前を呼ばれると、気持ちを込めた返事をして、卒業証書を受け取っていました。

 校長式辞では、「足助中学校の先輩として立派にその役割を果たしてくれました。一人一人に自信をもって卒業証書を渡すことができました。・・・全校集会で渡り鳥の雁のV字飛行の話をしました。単独では、数十キロしか飛べない雁が、V字編隊を組むことによって、三千キロも飛べる話です。あれは、みなさんの姿を見ていて思ったことです。
・・・世の中には不条理なことは、多いですが幸せかどうかどうかを決めるのは、周りの人ではなく自分です。幸せな状況をつくるのは、自分の気持ちの持ち方次第なんです・・・」と卒業生に向かって語りました。


 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式前日 3.6

 3年生は、午前中学年集会、卒業式に向けて最後の練習などを行い、午後からは教室、廊下等の清掃を行いました。清掃終了後、「未来の自分への手紙」を書きました。これまでの自分を振り返り、将来の自分の姿を考える機会としました。この手紙は、成人式当日手渡されることになっています。

 写真中 手紙を書く3年生

 写真上 下 3月5日に行われた学級お別れ会
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

同窓会入会式 3.4

 3月4日の自活タイムに同窓会入会式を行いました。中野同窓会長から、同窓会の意味や経緯を説明していただいた後、3年生には高梨選手を取り上げて、エールを送っていただきました。

 3年生代表の鵜井君が、「大好きな足助のために貢献していきたい」と誓いの言葉を力強く述べ、めでたく足助中学校第66期同窓会員が誕生しました。

 
 
画像1 画像1
画像2 画像2

卒業生を送る会 3.1 その5 エンディング

 劇のあとには、3年担当の教員による企画でした。普段の姿からは想像できないやりとりに3年生を中心の笑いがあふれていました。

 3年間の思い出をスライドショーで振り返ったときには、1年生の時からの成長を実感しました。また、1年生、2年生の時の学年担当、教科担当の先生方からのビデオによるメッセージもあり、3年生は熱心に聞き入っていました。

 その後、実行委員長から「感謝の気持ちを表すだけでなく、自分たちもできるという自信がついた」という力強いあいさつがありました。

 3年生の代表は、「私の扉の向こうには、どんな道が待っているか不安もありますが、しっかり歩んでいきたい」とステンドグラスのデザインをうまく取り入れたあいさつがありました。

 最後に1・2年生で花道をつくり、その中を3年生が退場していきました。

 写真上 スライドショーで振り返る3年間

 写真中 3年生担当教員による出し物

 写真下 花道を退場する3年生

 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業生を送る会 3.1 その4 幕間

 プログラムの間の舞台準備の際には、幕間担当者がコントとダンスで場内を盛り上げました。

 
画像1 画像1
画像2 画像2

卒業生を送る会 3.1 その3 劇

 中学校生活の中で特に印象に残っているできごとを中心に、笑いを交えて演じました。
役者だけでなく、小道具担当として支えたメンバーもいました。

 「先輩方に笑ってほしい」「3年間の思い出を楽しく振り返ってもらいたい」という気持ちで、気分を高めて演技をしていたのが印象的でした。


 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業生を送る会 3.2 その2

 3年生入場、開会式のあとは1〜3年生全体で行うレクリエーションでした。3学年混合であらかじめ班をつくっておき、班ごとにゲームにのぞみました。
 
 最初の「聖徳太子ゲーム」は、複数の担当者が「宿泊行事」「各部のキャプテン」といったタイトルに関係あることばを同時に叫んで、そのことばをあてるゲームでした。3人から5人に増えていき、難易度がだんだん高くなっていきました。
 
 二つ目の「借り人競争」は、1,3年生がペアになって、2年生の名前の書いてあるカードをひき、本人をルールに従ってつれてくるというゲームです。

 「広げよう仲間の輪をテーマにつかの間の交流を楽しみました。

写真上 中 全体レクの様子

写真下   飾り付け係が作製した写真アート(3年生の一人一人の写真を散りばめ、光      り輝く未来にしてほしいという願いがこめられています。)
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業生を送る会 3.1 その1

 今年度の卒業生を送る会のテーマは、「創(はじめ)〜築こう 自分の将来〜」です。テーマには、「先輩たちを応援する」、「自分らしい未来をつくってほしい」、「1,2年生も来年に向けて新たなスタートを切る」という3つの意味が込められています。

 3階の廊下には、各部活ごとに先輩へのメッセージが掲示され、通路には各種の飾り付けがされていました。

 飾り付けられた階段や通路を通って、3年生が各クラス毎に趣向を凝らして入場しました。

 実行委員長からは「3年生の思い出がつまった会にしたい。休んでいる人もいますが、準備はしっかりしました。その人たちの分もがんばります。」とあいさつしました。

 校長からは「立派な3年生でした。1・2年生が必死に準備した会をみんなと一緒に楽しみます。」と話しました。

 飾り付けの担当責任者から、その飾りつけに込めた思いを紹介しました。これ以後のプログラムについては、来週月曜日以降、随時紹介していきます。

 写真上 保健室前廊下のアーチ状の飾り付け 
 写真中 北館3階から2階の階段の飾り付け 
 いずれも未来に向かって進んでほしいという思いが込められています。

 写真下 体育館の飾られたステンドグラス テーマの「創」と階段をつくり、その階段の先の開いている扉の先は、先輩たちの進むべき未来を示しています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

読み語り 3年&EF学級 2.28

 3年生とEF学級の生徒を対象に読み語りを行いました。3年生にとっては、最後の読み語りになります。どの学級も真剣なまなざしで、聞き入っていました。

 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年生愛校活動 2.27

 3年生が、3年間使用した校舎の清掃を行いました。3年教室のワックスがけ、南棟の階段のペンキ塗り等、感謝の気持ちを込めて約2時間活動しました。

 写真上 体育館下足箱のペンキ塗り
 写真中 南棟階段のペンキ塗り
 写真下 音楽室柱のペンキ塗り
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

卒業式に向けて 2.26

 1.2年生全員が体育館に集まって、卒業式に歌う送別の歌の練習をしました。パートごとに着席するので、席順を確認した後、校歌を一度歌いました。

 その後、送別の歌「さよならと言おう」を強弱や息継ぎなどに注意して、繰り返し練習しました。

 今日、指導されたことを朝の練習時に確認していき、より美しいハーモニーを奏でてほしいと思います。

 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

家庭教育講演会 2.25

 元足助小学校長藤谷常壽先生を講師にお招きして行いました。演題は有名な教育実践家東井義雄氏の言葉からとった「自分は自分の主人公」でした。
 自分を立派な人にするのは、先生や親でもなく自分であるという意味が込められています。

 中学校では進路、学力、部活の3つを自分の頭で考えてやっていくことが大切だと話されました。

 進路は、目的や意思をしっかりもって考えていくことが大切で、学習を熱中してやることで学力がつき、進路も開けてくる。部活では、部員同士がお互いに切磋琢磨することが大切だと具体的に示されました。

 学習をする上で大切にしてほしいことは、「読むことを大事にする」「まちがえたところを理解して100点にする」ことと教えていただきました。

 最後に、「自分は自分の主人公」を黙読して講演は終了しました。

  自分は自分の主人公  東井義雄

 自分は自分の主人公
 世界でただ一人の自分を
 光いっぱいの自分にしていく責任者
 少々つらいことがあったといって
 ヤケなんかおこすまい
 ヤケをおこして
 自分で自分をダメにするなんて
 こんなバカげたことなんてないからな
 つらくたってがんばろう
 つらさをのりこえる
 強い自分を創っていこう
 自分は自分を創る責任者だからな


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年C組社会の授業 2.15

 各グループが調べた発電方法の長所、短所等を発表しました。その後、質疑応答をして理解を深めました。

 次の時間は、調べたことや発表で聞いたことをもとに「今後日本がどの発電方法に力を入れていくべきか」について意見を出し合い、今後の発電のあり方について考えを深めていきます。

 写真上 写真中 パワーポイントを使っての発表
 
 写真下     各グループごとに質問内容を検討 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年 学年レクリエーション  2.14

 2月14日の5校時に学年プログラム委員会の企画したレクリエーションを行いました。

全員で行うゲーム、有志による発表などを楽しむことができたようです。私立専修学校の一般入試が終了したこの時期、3年生のみなさんはにとっては良い気分転換になったと思います。


 写真上 ゲームの様子
 写真下 学年目標の「飛翔」を一文字であらわしました。

 
画像1 画像1
画像2 画像2

地域貢献活動の準備 2年

 2年生は、1年生での福祉交流活動、2年生での職場体験で地域の方にたいへんお世話になりました。感謝の気持ちを伝えようと、足助地区のトイレ、ガードレール、道路標識の清掃や18年度から継続して行っている国道420号線の竹伐り等を計画しています。

 18日は、クラスごとに活動場所に出かけ、現状を見てきました。今日は実行委員が、18日に撮影してきた現地の写真を整理したり、計画の見直しをしたりしました。

 
画像1 画像1
画像2 画像2
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31