11月の目標:気持ちのよい身なりで生活しよう。

学校祭

 本校の特色である縦割りのチーム会を中心にした取組である学校祭が行われました。11月3日に文化の部,4日に体育の部が行われ,今年も生徒が多くのことを学び,大きな成果を残してくれました。また,大勢の保護者や地域の方々にも観ていただき,多くの感動の言葉をいただきました。

【生徒】
・やっぱり最後の学校祭は楽しかったです。僕は劇を楽しみながらうまくやれたと思います。僕は堀込(ヤゴ)をやりましたが,劇が終わった後,別のチームの先生に「T君とのくだりが面白かった」などと言ってもらえ嬉しかったです。他には,後輩や同級生からは「ヤゴ」に多くの反響がありました。ソフト部からは「ヤゴだ!」「変な虫さんだ!」とか,同級生からは「え〜と何だっけ」などと振られたりします。個人的にはこういう役も嫌いではないので,楽しんで劇に取り組めました。結果として,桃レンは文化の部・銀賞,体育の部・2位,パネル・最優秀,グッドマナーなどが取れました。最後の最後4つ取れてよかったです。来年からは,妹を見に学校祭に行きます。      3A M

・学校祭を終えて,自分もあんな先輩のようになりたいと思うようになった。今回,僕は緑レンジャーだったが,すごく楽しくて,チーム会が楽しみになるぐらい,いいチームだった。こうしたチームになったのは3年生がいろいろと努力して働いていたからだと思った。1年生の時とは違った視点でチーム会を見ることができ,来年のことも考え始められた。今回のチームでよかったのは本当だが,自分が来年3年生になったときに,今回のチームを目標として抜かせるようないいチームにしていきたいと思った。今までの先輩たちを忘れないで,その先輩以上の先輩になれるよう頑張っていきたい。 2B I

・僕は,今回学校祭でたくさんのことを学びました。特に心に残ったことは二つあります。一つ目は,後輩の手本になるということです。3年生の先輩は練習の時は真剣に,休憩の時はゆっくりとしていて,とてもメリハリがあるなと思いました。そして,僕も先輩たちのように後輩の手本になろうとも思いました。二つ目は,全てに全力を尽すということです。どんなに差がついていても,どんな状況になっても全力を尽せば達成感を感じることができるということを教えてもらいました。僕は,来年最高学年の3年生になります。今の3年生のように,そして超えられるように,あと半年間がんばっていきます。          2C K

【保護者の声】
・学校祭を振り返って
猿中の学校祭を見るのは,今回で5回目になりますが,毎回素晴らしい感動があります。縦割りのレンジャー対抗という団結力のもと,チーム一丸となって戦う子供たちや先生の姿には本当に感動します。
今年のパネルワークでは,偶然,会社の人に出会いました。子供さんはみえないそうですが「パネルワークがとってもいいんだよ」と聞いて,わざわざ遠くから見に来たそうです。とても良かった!と言って帰られました。
 猿中の学校祭は,日本一だと思います。子供たちが大人になってからもずっと心に残る素敵な思い出です。来年も見に行くことを楽しみにしています!  

・学校祭を観覧して
文化の部は,祝日だったこともあり,卒業した猿中生たちが観に来て学校祭を懐かしんでいました。みんな学校祭には特別な思い入れがあるようです。今年は,校長先生の棒の手やブラスバンド部と先生とのマルモリダンスのコラボ,いつもと少し趣向の違った劇があり,新しい風を感じました。
 子供たちは長いセリフを上手に,そして,表現力豊かに演じています。もしまだ観たことが無い方は,ぜひ一度観てください。感動すると思います!!
 体育の部は,11月とは思えない陽気でした。みんな暑い中,一生懸命頑張っていて,応援する私たちも力が入りました。今回感じたのは,体力だけでなく,知力も必要だということです。綱取りや長縄では,それぞれのチームの作戦があり,観ていてとてもおもしろかったです。
    

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
4/5 入学式・始業式

学校だより

学年通信

保健だより

特色ある学校づくり推進事業

学校の特色ある活動

PTA

その他