寒さが本格的になってきました。身体を冷やすことと乾燥させることは、体調を崩す大きな原因になります。温かいお茶などで身体を温め、水分補給をしましょう。

今年はどんな「願い事」ですか? 〜七夕を前に〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
南米のチリで、皆既日食が見られたという報道がありました。天体ショーと言えば、もうすぐ七夕です。最近は「天の川」も見えなくなり、七夕の日も雨が多く、織り姫と彦星を探すなんていう風情もなくなってきて残念です。教室に笹を立てて、子どもたちが短冊に願いを込めるなんてことも、小学校では定番ですが、中学ではやらなくなってきたのかな?と思っていました。3年生の教室に、七夕を意識した掲示がありました。少しホッとしました。大切にしたいですね。日本の古くからの伝統行事。ちなみに今日の給食は「七夕献立」。私(校長)は、このあと、名古屋での会議に出かけるため、見ることも食べることもできません。残念です。

ジュニアクラブの保護者の皆様でした 〜西門の交通安全指導〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
先日、お伝えした西門での交通安全指導の件ですが、ジュニアクラブの保護者の皆様が、交替で立ってくださっていることがわかりました。この時期と夏休み明けの9月に活動してくださるそうです。学校の西門前では、上郷下ジュニアクラブの保護者方々が、活動されています。同じような活動を、それぞれのジュニアクラブの保護者の方々で、子どもたちや地域住民の安全のためにやってくださっているようです。ありがとうございます。

雨のやみ間を縫って 〜夏の大会に向けて〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
雨の日が続きます。今日は、梅雨の谷間というのか、日中は雨が降らずに済みました。その間隙を縫って、運動場では部活動が行われました。サッカー部の練習風景です。7月6日(土)に豊田市運動公園で、初戦を迎えます。相手は、私が前任校の小学校で教えた子たちが上がる中学校です。どちらを応援するかって?そりゃ、現任校でしょ。

夏休みにどこへ行きたい?何をしたい? 〜2年生英語 研究授業〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
Where do you want to do during summer vacation? What do you want to do there? 「夏休み、どこへ行きたい?」「そこで何をしたいの?」楽しそうな英会話が教室内で交わされていました。ペアやグループでアクティブな学習が進められていました。時には男女のペアになって会話する場面もありましたが、恥ずかしがらずに会話が弾んでいました。日本語ではなく、英語での会話だったことがむしろ良かったのかも知れません。それにしても、TDRとUSJの人気が高いことには改めて驚きました。どこのことかおわかりですね?

雨の中、ありがとうございました 〜西門前での交通指導〜

画像1 画像1 画像2 画像2
今日も雨の朝でした。登校指導のために、西門へ行くと、今日はお二人の女性が黄色い横断旗を持って、横断歩道の誘導を行ってくださっていました。雨の日はいつもよりも車の通りが多くなり、西門前や郵便局前はより危険が伴います。幸い、この学校周辺は、運転手の皆さんの方が徐行したり、一旦停止を慎重に行ったりしてもらえるおかげで事故なく、ここまで来ています。油断せず、今後も交通安全指導に取り組んでいきます。ところで、私(校長)は、今朝の登校指導は本校の育友会の皆さんの活動だと思い込んでいました。どうやら違ったみたいです。小学校に聞いてみたら、小学校のPTAの活動でもないということでした。としたら何?誰?と思ってしまいました。気安く話しかけてしまいました。申し訳ございません。子どもたちのために活動していただけたことに感謝します。地域の皆さん、ありがとうございました。

3年生読み聞かせ

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
今日は3年生の読み聞かせがありました。各クラス真剣な表情で絵本の読み聞かせに聞き入っていました。5組では戦時中のお話。娘を置いて戦争に行かなければならない父親とおねだりをする娘の姿に、思わず涙がこぼれそうでした。3年生は最近、戦争の時代を学習しました。教科書の記述だけではわからない戦争の実像とかなしみに触れることができました。読み聞かせボランティアのみなさん、本当にありがとうございます。

7月は「大雨警報」でスタート 〜雨の中の登校風景〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
梅雨らしい天気が続きます。土曜日から始まった市内大会も、昨日は雨で屋外競技が延期になりました。九州や北陸では、大雨の被害が出ているようです。この地域も昨日から大雨警報が発令され、一旦は解除されましたが、再び早朝に大雨が降り始め、警報が出されました。生徒の登校時刻には少し雨脚は弱まり、その後、少し回復してきました。しばらくは雨天が続きそうです。今度の土日の大会に向けて、練習が順調にできると良いのですが・・・。

社会を明るくする運動に出席しました

画像1 画像1 画像2 画像2
今日の午後、上郷交流館で行われた「社会を明るくする運動上郷地区大会」に出席させていただきました。会の後半に行われた講演会では、本校の生徒が卒業した小学校の前校長先生がお話をされました。その先生は、本校で担任として勤めた経験もおありだったので、会場には教え子にあたる多くの大人の方の姿もありました。長い教員生活を振り返る良いお話が聞けました。若い先生方にぜひ聞いてほしい内容でした。

今日の夏の大会の様子です

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日はあいにくの天候のため、予定されていた野球とソフトボールの大会は延期になりました。昨日に引き続きバスケットボールの大会を見学しました。今日の2回戦は上郷中学校の健闘も及ばず、惜しくも敗れてしまいました。女子バスケットボール部の皆さん、保護者の皆さん、大変お疲れ様でした。来週からは新チームに切り替えですが、新たな目標を掲げて、これまでのように頑張ってください。

夏の大会の様子です

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
陸上競技場から徒歩でソフトボール場へ向かいました。ちょうど上中が試合を始めたところでした。ピッチャーの安定した投球が続いて、相手に得点を与えることがありませんでした。打線もつながり、効果的に得点をあげました。ソフトボール部は、予選で2勝し、決勝トーナメントに進みました。

夏の大会の様子です

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
バスケットボールの会場に続いて、陸上競技の会場に移動しました。この会場でも、上中生の活躍する姿をたくさん目にしました。1位で表彰を受ける生徒もたくさんいました。詳しい結果等は学校便りでお伝えする予定です。

夏の大会が始まりました

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日から総合体育大会が始まりました。バスケ女子の試合の様子です。終始リードをしていましたが、終盤に追い上げられ、一時は逆転を許しました。しかし、最後は再逆転に成功し、粘る相手チームを振り切りました。両チームとも、最後までよく頑張りました。上中は2回戦に勝ち上がりました。明日も頑張ってください。

スタンバイOK! 〜エアコン稼働に向けて〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
エアコン工事に携わってくださった業者の皆さん、暑い夏に間に合わせてくださって、ありがとうございました。いよいよ7月から教室のエアコンが使えます。今日は、職員室の集中管理モニターから、全教室のエアコンを作動させてみました。来週からは、教師がリモコンを使って操作したり、職員室から遠隔操作したりしながら、学習に適切な環境設定をしていきます。

地元で作られた農産物をたくさん食べています 〜1年 食育授業〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日の6時間目、1年生が給食センターから栄養教諭の先生をお招きして、「食に関する授業」を受けました。「豊田市の地場産物と伝統料理を知ろう」というテーマで、豊田市やこの上郷地区で作られた農産物が、学校給食でたくさん使われていることを学びました。特にこの地区を代表する味噌に関しては、米味噌、麦味噌、豆味噌の3種類の味噌汁を代表生徒が目隠しで飲み比べ、どの味噌かを当てるゲームを楽しむことで、より楽しく学習に臨むことができました。1年生は、今後、郷土料理の代表である五平餅を作る学習に取り組むことが予定されています。

縄文時代に想いをはせる

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 1年生は歴史の授業で、縄文時代について学びます。今から12000年前から2000年前くらいまでのおおよそ1万年の長きにわたって、日本列島に住んでいた人々の生活について考えます。電気もガスもない時代、車もスマホもない時代に1万年という途方もない時間を連綿と生きてきた我々の先祖のことに思いをはせれば、とても不思議な気持ちになります。日本列島は豊かな自然に恵まれたところです。季節によって様々な食べ物が手に入ったからでしょうか。大陸の他の地域に比べて、農耕文明が誕生するのは、遅かったようです。
 今回の縄文時代の学習では、郷土資料館のご指導の下、縄文時代の食べ物を試食しました。名付けて「縄文クッキー」です。郷土資料館監修のもと、わが地域の銘菓子店「福寿園」さんが、縄文時代に手に入る食材のみを使った焼き菓子を再現してくださいました。縄文時代の食べ物の風味を実際に味わうことで、太古の昔に生きた人々の生活が少しでも想像がつくのではないでしょうか。日本の豊かな自然のおかげで、縄文人の食生活は、割と栄誉バランスが良かったのではないかと最近は考えられるようになりました。稲作の始まった弥生時代よりも健康的な生活だったとも。われわれ人間ももともとは自然の一部です。現代の豊かな暮らしに感謝しつつ、我々の先祖の一部である縄文人を育んだ貴重な日本の自然も大切にしていきたいです。福寿園さん、どうもありがとうございます。このHPを読まれて「縄文クッキー」に興味を持たれた方は是非福寿園さんを訪れてみてください。

涼しい中で授業が進められそうです 〜エアコン工事 完成間近〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
3月の卒業式後から始まった教室のエアコン工事ですが、いよいよ完成間近になりました。設置は完了し、試運転も行われました。稼働予定は7月1日(月)からです。夏休みまであと3週間あまり、暑さもますます厳しくなる中、教室内は快適な環境になることでしょう。仕事ですから当然とは言え、それでも休日返上で作業をしてくださった工事関係者の皆さんに感謝しながら、7月を迎えたいものです。写真は、教室後方の天井に設置されたエアコンと、職員室にある集中管理の操作盤です。

ツバメがやってきました!

画像1 画像1
 上郷中学校にツバメのつがいがやってきました。ここにも身近な自然が見られますね。やがてヒナがかえって、親鳥がエサを与える所が見られるかもしれません。エアコンのために新設された配管にすぐに巣をかけました。しかも2つもある!ツバメもよくこの場所に気付いたなと思います。このツバメが作った巣にも、ツバメがヒナに与えるエサにもプラスチックが混入しているかもしれないと思うと少し心苦しくなりますが、とにかく元気なヒナが育って、無事巣立ってくれることを祈ります。

マイクロプラスチックの脅威について学ぶ 2日目

画像1 画像1 画像2 画像2
 本日も、マイクロプラスチックの環境への影響について学びました。マイクロプラスチックの脅威については、最近メディアでも取り上げられています。このままいくと数十年後には、地球上の全海洋にいる生物の総重量よりも、マイクロプラスチックの総重量が上回ってしまうという予想もあります。上中生のみんなも、今回の学習で、マイクロプラスチックについての意識は高まったと思います。
 しかしながら、環境問題の難しい所は、問題や脅威について理解しても、実際に自分たちができること、行動に移せることが限られていることにあります。プラスチックが環境に負荷を与えることは理解しても、それを極力使わないようにすることは、かなりエネルギーを必要とすることです。実際にお店に買い物に行けば、プラスチックを使用していない商品を探すことは、かなり困難であることに気づくでしょう。
 さらに、現在は環境に負荷をかけることが分かったプラスチックですが、もともとは、丈夫で清潔な製品を作り出したいという、メーカーの純粋な善意から作られたものです。環境を破壊しようという悪意から生まれたものでは決してないのです。人間の努力によって手に入れた便利さを放棄することはなかなか難しいことは、容易に想像がつきます。それでは、こうした問題をどう解決したらいいのか、簡単ではないですが、みんなで知恵をしぼっていくしかないのかもしれません。人間はこれまでにも、知恵をしぼって様々な問題を解決してきています。すぐに環境を守るための行動を陣から起こすことは難しくても、まずは考えていくことから始めていきたいです。
 環境問題で人々の努力で解決に向かった例もあります。日本では公害は減少しました。オゾン層破壊もフロンガスの国際的な規制の結果、南極上空のオゾンホールはやや小さくなったそうです。一人一人環境問題について考えることが、やがて大きな力となると信じたいです。

くもの巣マンション

画像1 画像1
 正門前の木にたくさんのクモの巣が張られています。昨晩の雨にクモの巣がぬれ、朝日を受けて輝いています。まるで木がうっすらと雪をかぶったようになっています。この時期は、クモたちも、たくさん巣を張る時期のようです。一つの木にたくさんのクモが競うように巣を張っています。クモの巣マンションは満室状態です。エサを獲るために条件の良い所に巣を張れるものもいれば、あまり条件の良くない所に巣を張っているものもいます。こんな所にも自然界の生き残り競争があるんですね。
 「クモは嫌い」という人が多いですが、じっと観察してみると、なかなか面白い。雨露ににぬれたクモの巣は、思いのほか美しいものです。梅雨時の今だからこそ、ちょっと注目してみてみませんか。身近な所にも確かに自然はあって、小さいながらも生き物の営みがあることを発見できると思います。
 クモの巣マンションの住人は、ご近所づきあいはどんな感じなんでしょうか。仲良く生活しているのでしょうか。

プラスチックの脅威について学びました 〜朝の時間を利用した環境教育〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
マイクロプラスチックとは、大きさが5ミリ以下のプラスチックを言います。プラスチックは、太陽の光(紫外線)にさらされると、もろくなり壊れやすくなります。洗濯バサミを長い間使っていると、簡単に折れてしまうのはそのせいだということです。1枚のレジ袋から数千個のマイクロプラスチックができ、それが魚の体内に取り込まれ、その魚を人間が口にする・・・。大手コーヒー店がストローのサービスをやめたり、スーパーがレジ袋の無料提供をやめたりするのも、その対策の一環です。生徒たちは、今日の学習でどんなことを思ったのでしょう?
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
学校行事
7/6 豊田市中学校吹奏楽演奏会

校長先生からのおたより

学校だより

特色ある学校づくり推進事業

いじめ防止基本方針

その他

災害時の対応