豊田市立東広瀬小学校

基本情報

DJI_0008.jpg


※写真はドローン撮影による学校とその周りの全景(南側からの撮影)です。写真左奥にわずかに見えるのが猿投山です。学校のすぐ後ろの団地と里山のさらに後ろに、矢作川が流れています。広瀬ヤナもすぐ近くです。学校の東に見える(右側)お寺は、児島高徳の菩提寺の廣済寺です。豊かな自然と歴史に育まれた地域です。


 住所   470-0307 愛知県豊田市東広瀬町大根坂8
 TEL    0565-41-2012
 FAX    0565-42-1438
 E-Mail  メールアドレス

 校 長   伴 健太郎
 児童数  109人(令和元年6月4日現在)
 学級数  8学級
 教職員数 13人

(1)本校の沿革
明治5年6月15日、東広瀬郷学校として東広瀬町極楽の地にて、学校が創立される。初代校長は、地元の教育者月山左一郎先生。
明治40年3月石野第一尋常小学校と改称。その後現在の東広瀬こども園の地に学校を創設。この時の村長清水鎮平氏や梅村源次郎氏が学校創設に尽力。今もこの地に残る御影石の門と二宮金次郎の石像が、当時を偲ばせる。
昭和46年、現在の地に学校を移転。平成22年3月をもって藤沢小学校が閉校。藤沢学区の児童は本校に通学することとなる。
令和3年(2021年)には学校創立150周年を迎える。

周辺地図「とよたiマップ」

本校の教育目標


地域に光を放つ学校
子どもの姿で、教師の姿で地域に光を放つことができる学校でありたいと切に願う。子どもの元気と温かな気持ちを、地域に浸透・発信して、石野地区全体の元気を作りたい!